本文へスキップ

探偵事務所の日本総合探偵事務所では、浮気調査、素行調査、結婚調査、企業調査、行方調査、盗聴器発見調査、犯罪調査等を24時間受け付け調査致します。

日本総合探偵事務所のフリーダイヤル0120-078-305

探偵・大阪本部・東京支店・神戸支店・沖縄支店・横浜支店・大阪駅前支店

児童虐待防止SERVICE&PRODUCTS

オレンジリボン運動

「児童虐待防止法」


日本では児童虐待防止法で、「保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう)がその監護する児童(18歳に満たない者)に対し、次に掲げる行為をすること」と定義し、以下の行為を列挙する。

身体的虐待
児童の身体に痛みと苦痛が生じ、または外傷の生じるおそれのある暴行を加えること。行為は「一方的に暴力を振るう(殴る、蹴る、叩く)」、「外傷がなくとも継続的に痛みを与える(食事を与えない、冬は戸外に締め出す、部屋に閉じ込める)」に分けられる。
性的虐待
子供への性的暴力。児童への猥褻行為が中心で、児童を性的対象にしたり、猥褻なもの(自らの性器)や性交を見せ付けたり、性的行為を強要することも含まれる。
ネグレクト(育児放棄、監護放棄)
児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、もしくは長時間の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること。「病気になっても病院に受診させない」、「乳幼児を暑い日差しの当たる車内への放置」、「食事を与えない」、「下着など不潔なまま放置する」、「(幼稚園、保育園、保育所、学校への)通学を行わせない」などが含まれる。
心理的虐待
児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うことで、児童の健全な発育を阻害し、場合によっては心的外傷後ストレス障害 (PTSD)やうつ病、アダルトチルドレン など、重大な精神疾患 の症状を生ぜしめるため禁じられている。言葉の暴力、一方的な恫喝、無視、存在否定、自尊心を踏みにじる行為などが含まれる。

「児童虐待の現状」

 児童相談所の児童虐待の相談対応件数(平成23年度)は、児童虐待防止法施行前(平成11年度)の5.1倍に増加(約6万件)
虐待死はほとんどの年で50人を超えている。(厚生労働省)


絶対に許してはならない児童虐待
子供は親に叩かれても、親の事が好きです。
子供に食事を与えない・子供に性的虐待等は許せない行動です。

児童虐待防止運動に参加ください。


バナースペース

日本総合探偵事務所 本部

大阪府公安委員会 第62121204号
東京都公安委員会 第30120121号
神奈川県公安委員会第45120030号
兵庫県公安委員会 第63120012号
沖縄県公安委員会 第97150007号
大阪府公安委員会 第62120610号

TEL 0120-078-305

日本総合探偵事務所









日本総合探偵事務所 加盟協会

社団法人 日本調査業協会  会員

社団法人 大阪府調査業協会 会員

社団法人 日本調査機構   会員

社団法人 日本総合調査協会 会員

     関西調査業協会  会員