本文へスキップ

探偵事務所の日本総合探偵事務所では、浮気調査、素行調査、結婚調査、企業調査、行方調査、盗聴器発見調査、犯罪調査等を24時間受け付け調査致します。

日本総合探偵事務所のフリーダイヤル0120-078-305

探偵・大阪本部・東京支店・神戸支店・滋賀支店・横浜支店・大阪駅前支店

犯罪調査/一覧SERVICE&PRODUCTS

犯罪調査一覧

  • 生命に対する罪
    • 殺人罪(199条)・予備罪(201条)・自殺関与・同意殺人罪(202条)・未遂罪(203条)
    • 堕胎罪(212条〜216条)
    • 遺棄罪(217条〜219条)
    • 過失致死傷罪(210条)・業務上過失致死傷罪(211条)
    • 危険運転致死傷罪(208条の2)
  • 身体に対する罪
    • 傷害罪(204条〜207条)
    • 暴行罪(208条)・ 凶器準備集合罪(208条の3)
    • 過失傷害罪(209条)
  • 自由に対する罪
    • 脅迫罪(222条)・強要罪(223条)
    • 人質による強要行為等の処罰に関する法律
    • 暴力行為等処罰に関する法律
    • 逮捕・監禁罪(220条〜221条)
    • 略取・誘拐罪(224条〜229条)
    • 性的自由に対する罪
      • 強姦罪・強制わいせつ罪(176条〜181条)
    • 住居侵入罪・不退去罪(130条)
  • 秘密・名誉に対する罪
    • 秘密に対する罪 信書開封罪(133条)・秘密漏示罪(134条)
    • 名誉に対する罪 名誉毀損罪(230条)・ 侮辱罪(231条)
  • 信用及び業務に対する罪
    • 信用毀損罪(233条)
    • 業務妨害罪(234条)
    • 審判妨害罪(裁判所法73条)
    • 電子計算機損壊等業務妨害罪(234条の2)
  • 財産に対する罪(財産犯)
    • 窃盗罪(235条)
    • 不動産侵奪罪(235条の2)
    • 知的財産権侵害罪(特許法、著作権法など)
    • 強盗罪(236条〜241条)
    • 航空機の強取等の処罰に関する法律(ハイジャック防止法)
    • 詐欺罪(246条)
    • 恐喝罪(249条)
    • 横領罪(252条)・業務上横領罪(253条)
    • 背任罪(247条)・特別背任罪(会社法960条)
    • 盗品等関与罪(贓物罪)(256条)
    • 文書毀棄罪(258条〜259条)・建造物等損壊罪(260条)・器物損壊罪(261条)

(財産犯については、個別財産に対する罪と全体財産に対する罪、領得罪と毀棄罪とに分類するのが通常である。)

社会的法益に対する罪

  • 社会・公共の平穏に対する罪
    • 騒乱罪(106条)・多衆不解散罪(107条)
    • 放火及び失火の罪(108条〜118条)
    • 爆発物取締罰則・火炎びんの使用等の処罰に関する法律
    • 出水・水利妨害罪(119条〜123条)
    • 往来妨害罪(124条〜129条)
  • 取引の平穏に対する罪
    • 通貨偽造罪(148条〜153条)
      • 有価証券偽造罪(162条〜163条)
    • 支払用カード偽造罪(163条の2〜163条の5)
    • 文書偽造罪(154条〜161条の2)
    • 印章偽造罪(164条〜168条)
  • 公衆の健康に対する罪
    • あへん煙に関する罪(136条〜141条)
    • あへん法・麻薬及び向精神薬取締法・覚せい剤取締法・大麻取締法
    • 毒物及び劇物取締法
    • 飲料水汚染罪(142条〜147条)
    • 人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律
  • 善良な風俗に対する罪
    • 公然わいせつ罪(174条)・わいせつ物頒布罪(わいせつ物陳列罪)(175条)
    • 淫行勧誘罪(182条)
    • 売春防止法
    • 重婚罪(183条)
    • 賭博罪(185条〜187条)
    • 礼拝所不敬罪(188条)・墳墓発掘罪(189条)・死体損壊罪(190条)
    • 軽犯罪法

国家的法益に対する罪

  • 国家の存立に対する罪
    • 内乱罪(77条〜80条)
    • 外患罪(81条〜88条)
    • 破壊活動防止法
  • 国家の作用に対する罪
    • 公務執行妨害罪(95条〜96条の6)*2012年度法改正で、条文変更・挿入。
    • 逃走罪(97条〜102条)
    • 犯人蔵匿罪・証拠隠滅罪(103条〜105条の2)
    • 偽証罪(169条〜171条)
    • 虚偽告訴罪(誣告罪 172条〜173条)
    • 公務員職権濫用罪(193条〜196条)
    • 賄賂罪(197条〜198条)


バナースペース

日本総合探偵事務所 本部

大阪府公安委員会 第62121204号
東京都公安委員会 第30120121号
神奈川県公安委員会第45120030号
兵庫県公安委員会 第63120012号
滋賀県公安委員会 第60120007号
大阪府公安委員会 第62120610号

TEL 0120-078-305

日本総合探偵事務所

検察庁のホームページ紹介

警察庁のホームページ紹介

警視庁のホームページ紹介

大阪府警察のホームページ紹介

日本総合探偵事務所 加盟協会

社団法人 日本調査業協会  会員

社団法人 大阪府調査業協会 会員

社団法人 日本調査機構   会員

社団法人 日本総合調査協会 会員

     関西調査業協会  会員

大塚清明 弁護士

昭和20年6月28日生
昭和39年3月          私立愛光高等学校卒業
昭和44年6月           東京大学法学部卒業
昭和44年7月           司法研修所入所(23期)
昭和46年7月           司法修習終了、検事任官
昭和61年3月           広島地検刑事部長(3年間在任して最長不倒記録樹立)
平成元年3月            大阪地検検事
平成2年4月            同交通部副部長
平成2年8月            同刑事部副部長
平成3年4月            同特別捜査部副部長(イトマン事件、東洋信用金庫事件等の捜査処理)
平成4年9月            京都地検総務部長
平成5年4月            同刑事部長
平成6年12月           大阪地検公判部長
平成7年8月            同特別捜査部長(末野興産事件、木津信用組合事件等の捜査処理)
平成8年12月           同次席検事
平成10年4月           最高検検事
平成11年5月           和歌山地検検事正(カレー事件の第1回公判公判前日に着任)
平成12年6月           大阪高検次席検事(カレー事件の論告手直し、内容は・・・)
平成14年8月           最高検検事
平成14年10月          同公判部長
平成14年12月          名古屋地検検事正
平成16年6月           法務総合研究所長
平成17年7月           高松高検検事長
平成19年7月           仙台高検検事長(全国8高検のすべての管内で勤務する8高検踏破を達成、史上初の快挙なるも客観的証拠による裏付けなし)
平成20年6月           定年退官
平成20年8月           大阪弁護士会入会

大塚清明、弁護士の本紹介
さすらいの検事の「捜査いろは唄」
全国八高検踏破 附編「大阪締めで元気を」大塚清明