本文へスキップ

探偵事務所の日本総合探偵事務所では、浮気調査、素行調査、結婚調査、企業調査、行方調査、盗聴器発見調査、犯罪調査等を24時間受け付け調査致します。

日本総合探偵事務所のフリーダイヤル0120-078-305

探偵・大阪本部・東京支店・神戸支店・沖縄支店・横浜支店・大阪駅前支店

匿名情報通報SERVICE&PRODUCTS

匿名情報通報は、暴力団が関与する犯罪等、犯罪インフラ事犯、薬物事犯、拳銃事犯、また、少年の福祉を害する犯罪、児童虐待事案、人身取引事犯等の被害者となっている子どもや女性の早期保護等を図るため、市民から匿名による事案情報の通報を、電話やウェブサイト上で受け、これを警察に提供して、捜査等に役立てるというものです。
匿名情報通報、これまで自己の身元が特定されることや刑事手続への協力を敬遠して通報を躊躇していたような方々から有益な情報を得ることができるようになることを期待しているものです。

このページの先頭

対象となる事案

暴力団が関与する犯罪等、暴力団組織に打撃を与えるような事件情報や組織実態に関する情報であって実施要綱の別表に掲げるものをいい、具体的には以下のようなものです。(詳細は実施要領を参照)
●対立抗争事件に関わる情報 ●賭博、覚せい剤取締法違反及びノミ行為等、振り込め詐欺、強盗・窃盗等に関する情報 ●恐喝、企業・行政対象暴力、みかじめ料や用心棒料の要求等
●暴力団事務所の開設、既存の事務所における動向等の暴力団事務所の実態把握に資する情報 ●暴力団員が運営している企業・団体、暴力団員が役員を勤める企業・団体、暴力団に資金提供を行う企業、業務の遂行において積極的に暴力団を利用する企業等に関する情報 ●暴力団に関わる一切の情報
犯罪を助長し、又は容易にするための基盤である犯罪インフラの構築に資する犯罪であって実施要綱の別表に掲げるものをいい、具体的には以下のようなものです。(詳細は実施要領を参照)
●他人名義の携帯電話を取得する ●銀行業を営む資格のない者が、報酬を得て国外送金を代行することなど  
薬物の所持、譲渡、譲受け、輸出入、製造、栽培等であって実施要綱の別表に掲げるものをいい、具体的には以下のようなものです。(詳細は実施要領を参照)
●薬物(大麻・覚せい剤など)を所持、譲渡、製造、栽培などを行う    
拳銃等の所持、輸入、譲渡、譲受け、発射等であって実施要綱の別表に掲げるものをいい、具体的には以下のようなものです。(詳細は実施要領を参照)
●拳銃の所持、発射、譲渡、譲受けなどに関する情報    
少年の福祉を害する犯罪とは、少年の心身に有害な影響を与え、少年の福祉を害する犯罪であって実施要領の別表に掲げるものをいい、具体的には以下のようなものです。(詳細は実施要領を参照)
●18歳未満の者を買春すること ●18歳未満の者を深夜業務や福祉に有害な場所における業務に就かせること ●未成年者へ覚せい剤を譲り渡すこと
●未成年者に対し、暴力又は脅迫を用いてわいせつな行為をすること    
児童虐待事案とは、児童虐待の防止等に関する法律(平成12年法律第82号)第2条に定める行為に係る事案をいい、具体的には以下のようなものです。
【身体的虐待】
殴る、蹴る、たばこの火を押しつけるなど、児童の身体に外傷が生じ、又は、生じるおそれのある暴行を加えること
【性的虐待】
児童への淫行、児童ポルノの被写体にするなど、児童にわいせつな行為をすること、又は、児童にわいせつな行為をさせること
【怠慢・拒否】
児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、長時間の放置など、保護者としての監護を怠ること
【心理的虐待】
児童の目前で家族等に対し暴力を繰り返すなど、児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと
   
人身取引事犯等とは、人身取引事犯と人身取引のおそれのある犯罪であって実施要領の別表に掲げるものをいい、具体的には以下のようなものです。(詳細は実施要領を参照)なお、人身取引事犯等とは、
  1. 女性を、
搾取の目的で、
暴力、脅迫、欺もう等又は被害者を支配下に置く人間への金銭等の授受等の手段により、
獲得、引渡し、収受する等の犯罪
  1. 児童を、
搾取の目的で、
獲得、引渡し、収受する等の犯罪(手段を問いません。)
をいい、具体的には以下のようなものです。(詳細は実施要領を参照)
●女性や18歳未満の者を売買すること ●女性に売春や風俗店等で働くことを強要すること ●女性に売春させたり、風俗店で働かせたりして、その賃金等を搾取すること
0120-078-305        japan@cia-7.jp

バナースペース

日本総合探偵事務所 本部

大阪府公安委員会 第62121204号
東京都公安委員会 第30120121号
神奈川県公安委員会第45120030号
兵庫県公安委員会 第63120012号
沖縄県公安委員会 第97150007号
大阪府公安委員会 第62120610号

TEL 0120-078-305

日本総合探偵事務所

検察庁のホームページ紹介

警察庁のホームページ紹介

警視庁のホームページ紹介

大阪府警察のホームページ紹介

日本総合探偵事務所 加盟協会

社団法人 日本調査業協会  会員

社団法人 大阪府調査業協会 会員

社団法人 日本調査機構   会員

社団法人 日本総合調査協会 会員

     関西調査業協会  会員

大塚清明 弁護士

昭和20年6月28日生
昭和39年3月          私立愛光高等学校卒業
昭和44年6月           東京大学法学部卒業
昭和44年7月           司法研修所入所(23期)
昭和46年7月           司法修習終了、検事任官
昭和61年3月           広島地検刑事部長(3年間在任して最長不倒記録樹立)
平成元年3月            大阪地検検事
平成2年4月            同交通部副部長
平成2年8月            同刑事部副部長
平成3年4月            同特別捜査部副部長(イトマン事件、東洋信用金庫事件等の捜査処理)
平成4年9月            京都地検総務部長
平成5年4月            同刑事部長
平成6年12月           大阪地検公判部長
平成7年8月            同特別捜査部長(末野興産事件、木津信用組合事件等の捜査処理)
平成8年12月           同次席検事
平成10年4月           最高検検事
平成11年5月           和歌山地検検事正(カレー事件の第1回公判公判前日に着任)
平成12年6月           大阪高検次席検事(カレー事件の論告手直し、内容は・・・)
平成14年8月           最高検検事
平成14年10月          同公判部長
平成14年12月          名古屋地検検事正
平成16年6月           法務総合研究所長
平成17年7月           高松高検検事長
平成19年7月           仙台高検検事長(全国8高検のすべての管内で勤務する8高検踏破を達成、史上初の快挙なるも客観的証拠による裏付けなし)
平成20年6月           定年退官
平成20年8月           大阪弁護士会入会

大塚清明、弁護士の本紹介
さすらいの検事の「捜査いろは唄」
全国八高検踏破 附編「大阪締めで元気を」大塚清明